platinum-hunter

数々のプラチナステータスを狙っています!

【マリオット】質問④:SPGアメックスの消滅後のマイル戦略はどうすれば良いですか。【SPG】

 

 

 

質問①をアップした後、早速、はにゃおさんから、

 

「困ります、無くならないで(T-T)」

 

という反応をいただきました。

 

はにゃおさん、いつもコメントありがとうございます!

おかげさまで、ひとネタ思いつきました!

 

また、昨日は「車好き社長」さんから、

 

「あまりお得にポイントは貯まらないと言うことでしょうか???」

 

というご質問もいただきました。

 

そこで、SPGアメックスがなくなったと仮定し、かつ、MarriottVisa(やRitzVisa)が日本で発行されると仮定して、今後のマイル戦略をどうすれば良いか、分析してみたいと思います。

 

f:id:platinum-hunter:20170712153019p:plain

 

 

   

質問③は、SPGアメックスにより付与されている上級会員資格にスポットを当てた記事でした。

この記事は、SPGアメックスのもう一つの利点であるマイル移行にスポットを当てるという位置づけですね。

 

(目次)

 

 

1.マイルの移行先

 

皆さんは、SPGからどのエアラインに移行することが多いでしょうか。

おそらくですが、日本にいては取得しにくい、海外エアラインのマイルに移行することが多いのではないでしょうか。

具体的には、ブリティッシュエアウェイズ(BA)、アラスカ航空(AS)あたりだと思います。

BAはみんな大好きJAL国内路線5,000マイルですね☆

ASは、JAL東南アジア路線だと思います。

 

この点については、Marriottから、BAやASに移行することができます。

SPGほど多彩ではないですが、ユナイテッド航空(UA)にお得に移行できることも合わせれば、悪くないと思います。

一つ目のハードルはクリアですね。

 

 

2.移行率

 

それでは、移行率はいかがでしょうか。

まず、Marriottから直接移行する場合は、140,000Marriottポイント=50,000マイルです。

1スターポイントは3Marriottポイントに移行できます。

なので、SPGに換算すると、1SPG=1.07マイルとなります。

悪くないですが、1SPG=1.25マイルの現状からすると、やや迫力不足です。

 

ですが、Marriottポイントをトラベルパッケージ経由で移行すると、1SPG=1.60マイルまで昇華します。(BA、AS、AAの場合)

計算式など詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

 

www.platinum-hunter.com

 

さらにホテルポイントキャンペーン時には、1SPG=2.16BAマイルまでアップします。

詳しくはこちらの記事をご覧下さい。

 

www.platinum-hunter.com

 

 

なので、SPGアメックスがなくなっても、今我々の手元にあるスターポイントは価値が下がるどころか、トラベルパッケージ経由で価値が昇華するといっても過言ではありません。

なので、二つ目のハードルもクリアです。

 

 

3.クレジットカード利用時のマイル還元率

 

それでは、ショッピング利用に基づく100円あたりの還元率はいかがでしょうか。 

手っ取り早いのは、MarriottのAPPで確認することですね。

APPの下の方にRitzVisaと交互に出てくるので、良かったご確認下さい。

結論は、昨日のRitzVisaと同じです。

 

支払いの種類 獲得ポイント
①Marriott等のホテルの支払い 1米ドルにつき5Marriottポイント
②航空券等の支払い 1米ドルにつき2Marriottポイント
③その他の支払い 1米ドルにつき1Marriottポイント

 

③で計算すると、

 

トラベルパッケージ経由で移行すると、3Marriottポイントで1.6マイルです(AS換算値)。

そうすると、100円あたり1Marriottポイント→約0.5マイルとなります。

 

痛い、痛すぎます。

MarriottVisaやRitzVisaだと、日常のクレジットカード利用によるマイル還元率は半分以下になります。

もっとも、ホテル利用なら5倍になるので、100円あたり約2.5マイルということでまずまずの還元率です。

 

ということで、この程度の還元率なら、日常の支払いには使えないクレジットカードということになりますね。

MarriottVisaやRitzVisaは、上級会員維持だけのためのクレジットカードとなりそうです。

 

f:id:platinum-hunter:20170715161824j:plain

 

4.解決策は、、、

 

解決策は、、、見当たりません。

期待していた方には申し訳ない気持ちです。

 

還元率を下げても良いのなら、通常のアメックスで決済して、100円0.8マイルを目指すというところでしょうか。(または、スカイトラベラープレミアで100円4マイル?)

あるいは、ダイナースプレミアムで100円3マイルのUAマイルかANAマイルを目指すというところでしょうか。

しかし、「多彩なエアラインに効率よくマイルを移行する」というSPGアメックスの利点と比べればどれも一長一短です。

しかも、これらの方法ではアラスカ航空(AS)へは移行できません。

 

なので、Marriottが、せめて100円2Marriottポイントぐらいで出してくれないと、日常のクレジットカード利用には適さないという計算です。

 

SPGアメックスがなくなる場合には、アメックスはSPGアメックスに代わるクレジットカードを考えてくるでしょう。

アメックスはマイル移行に優れているクレジットカードの旨味を知っていますからね。

(まぁ、アメックスゴールド祭りで苦味も知っているのですが)

例えば、IHGと組み、IHGアメックスとかが考えられます。

そして、SPGアメックス並みの移行率にするとか。

(まぁ、IHGのプログラムをいじらないという前提だと、100円5ポイントぐらいにしないと意味がないので難しいとは思いますが、、、)

とはいえ、アメックスはなんらかの手を打ってくるでしょうから、それに期待しましょう。

 

 

私にできることは、このブログで叫ぶことぐらいです。

(あっ、Marriottでも、アメックスでも、ダイナースでも、私で良ければ参謀となりますよ。コメント欄からご連絡下さいませ。決して怪しい者ではございませんので。)

 

皆さんも大声で叫びましょう!

 

「還元率が良いクレジットカード作らないと顧客が逃げますよ!」

 

どうかPV増えて、Marriottの上役がこのブログ見て、「よし分かった!」と言って下さいますように(=^ェ^=)