platinum-hunter

数々のプラチナステータスを狙っています!

新婚旅行エアーズロック滞在記その③-カタジュタ後編

 

 

で、まぁ、選択権は新妻にあるわけで、10分ぐらいして尋ねると、

 

新妻「進む!」

 

「えっ、進むんかい!」(プラチナハンター心の声)

 

どうやら、これまでのアップダウンを戻るのが嫌だったみたいです。

見事に、プラチナハンターの予測は外れました(笑)

 

んで、断崖絶壁を降りて進みました。

 

f:id:platinum-hunter:20170630090437p:plain

 

 

 

(前回の記事はこちらです。)

www.platinum-hunter.com

 

歩きました。

こんな藪の中を。

 

f:id:platinum-hunter:20170630090453p:plain

 

ひたすら歩きました。

奇岩に囲まれた道を。

(幸い、道は整備されていたので、迷うことはなかったです。)

 

f:id:platinum-hunter:20170630090512p:plain

 

歩きました。

トカゲをみつけても新妻には言わず。

(新妻は虫や爬虫類が大っ嫌いなのです。)

 

しかし、後続者は誰もおらず、我ら二人だけ・・・

すれ違う人はもちろんいません。

 

f:id:platinum-hunter:20170630090635p:plain

 

歩きました。

水がなくなりかけても。

 

なので、水も節約!

はい、これが本物の修行です。

 

ゆっくり歩き、途中で休みも入れたので、折り返し地点から、たぶん3時間ぐらいかかって、スタート地点に戻りました。

でもなんか爽快!

カタジュタを一周したぞーー!

 

で、車に乗り、帰路についたのでした。

 

帰りの車からはエアーズロックの夕焼けが見えたので、充実感に包まれたまま、エアーズロックの鑑賞ポイントへ。

 

まだ日没まで2時間ぐらいあったので、車の中で待機。

すると、白人の兄ちゃんが、エアーズロックの方に向けてカメラをセットしだします。

何をやり始めるのかと思ったら、エアーズロックをバックに自撮りです。

 

撮っては確認し、撮っては確認し、1時間ぐらいやってました。

その時の写真がこれ!

 

f:id:platinum-hunter:20170630090837p:plain

 

この兄ちゃんのことは一生忘れないでしょう(笑)

 

私も負けずに、タイムラプスで撮影しました。

 

www.youtube.com

 

ね、さっきの兄ちゃん、ずっと写っているでしょ??

それと最後の一瞬暗くなってから一瞬だけもう一回明るくなります。

この光景綺麗ですから、エアーズロックに行ったら、是非、サンセットを見てきて下さい。

ゴールデンウィークの頃だと、サンセットがPM6:00ぐらいです。

 

そして、エアーズロックリゾートへの帰路につきます。

例のごとく、ディナーの予約はしていません。

一人50豪ドルぐらいでBBQを食べれるので、どうしようもなければBBQにすれば良いと考えていました。

でも、あんまり美味しそうじゃない。

なので、プラチナハンター御一行様は自炊することにしました。

(アウトバックパイオニアには広い自炊スペースと調理器具や皿があります。)

 

新妻は分厚いステーキが食べたいとのこと。

 

エアーズロックリゾートの中にあるスーパーへ行き、大きな肉と野菜とコールスローとパンと調味料を買って、アウトバックパイオニアの自炊スペースで自炊しました。

 

この日の夕食はこんな感じ!

 

f:id:platinum-hunter:20170630090911p:plain

 

意外に美味しかったです!

で、この日は疲れ果てて、おやすみなさいしました。

 

 

グー、グー、グー

 

コーケコッコー

 

 

翌朝になりました。

昨日あれだけ歩いたのに、幸い、さほど疲れが残っていません。

昨日のディナーの残りを食べ、とりあえず、エアーズロック登山口の前まで行くことにしました。

私たちが宿泊していたアウトバックパイオニアのスタッフに状況を聞くと、

 

「いやー、今日も無理だね」

 

新妻も、

 

「なら、行ってダメなら、諦められるね。」

 

そもそも、新妻は妊娠3週ぐらい。

医者には「安静にしてなさい」と言われている身でした。

なので、麓まで行って登れなければ医者の指示どおり諦められると考えていたそうです。

 

エアーズロックリゾートから20分ぐらい運転し、エアーズロックの麓に着きます。

 

その時の写真がこれ!

(矢印のところに人がいるのが分かるでしょうか??)

 

f:id:platinum-hunter:20170630090930p:plain

 

「登れるじゃーん!」

 

二人とも動揺します。

「登れないから登らない」という選択肢が消えます。

さぁ、どうする新妻!

どうするのだー!

 

(次の記事はこちらです。)

www.platinum-hunter.com