platinum-hunter

数々のプラチナステータスを狙っています!

やっぱりすごい!リッツのトイレ!

 

 

土曜日の昼下がり、皆様、いかがお過ごしでしょうか。

こんにちわ、プラチナハンターです。

 

f:id:platinum-hunter:20170729104000j:plain

 

先ほどまで大阪のリッツ・カールトンにいました。

チェックアウトし、つぎの目的地に向かっている途中で、

心斎橋あたりをプラプラしています。

 

f:id:platinum-hunter:20170729141524j:plain

 

んで、タイトルどおり、あまりにリッツ・カールトンのトイレがすごかったので、BRG旅行の第一報です。

 

 


部屋の様子は別記事にしますので、まずはフロントがある一階の様子から。

 

f:id:platinum-hunter:20170729104103j:plain

 

リッツ・カールトンは入り口からして、重厚感があります。

最初、ここ↑が正門かと思ったのですが、実は違いました。

 

正門はこちら↓でした(笑)

 

f:id:platinum-hunter:20170729123958j:plain

 

次にフロント周辺です。

リッツ・カールトンに泊まるのは初めてなのですが、通常のマリオット系のホテルとは重みが違います。

一つ一つの物が高級感にあふれています。

例えば、さりげなく置いてあるお花。

凛とした気品が漂っています。

 

f:id:platinum-hunter:20170729105417j:plain

 

また、一階の待合室のこのソファーは何なんでしょう!?

お姫様ソファーです。

 

f:id:platinum-hunter:20170729124316j:plain

 

壁には、そこかしこに絵が飾られています。

絵心も美術の教養も全くないプラチナハンターでも、分かるような気がします。

 

f:id:platinum-hunter:20170729104154j:plain

 

夜のラウンジバーでは、生演奏に生歌です。

最高の環境ですね☆

 

f:id:platinum-hunter:20170729104222j:plain

 

 

んで、本題のトイレです。

同じくフロントがある一階のトイレです。

 

まず、入ってすぐの部分。

大理石に赤絨毯が映えます。

 

f:id:platinum-hunter:20170729104305j:plain

 

そして、照明。

トイレなのに、キラッキラに輝いています。

これがリッツ・カールトン基準なのでしょうか。

 

f:id:platinum-hunter:20170729104347j:plain

 

洗面台です。

大理石に、シルバーっぽい蛇口や取っ手が渋いです。

 

f:id:platinum-hunter:20170729104427j:plain

 

そしてディフューザー。

ライオンが存在感を示しています。

ライオンの下の部分は、英国王室の王冠を示しているようです。

英国王室の上に座っているライオン、、、世界征服でも狙っているのでしょうか。。。

 

f:id:platinum-hunter:20170729104511j:plain

 

最後に、これが一番驚いた!

トイレットペーパーにもライオンがいます!

 

f:id:platinum-hunter:20170729104546j:plain

 

ちなみに、トイレットペーパーをめくっていっても、ライオンは現れません。

ということは、このトイレットペーパーのためだけに、ライオンの型枠があることになります。

 

いや〜、リッツ・カールトンおそるべし(≧∀≦)