platinum-hunter

数々のプラチナステータスを狙っています!

ドバイ&モルディブ旅行企画編その⑧-特典航空券発券後の確認事項

 

 

さてさて、前回の記事のとおり、無事に、特典航空券の再発券が完了しました。

ですが、その後にも、確認しなければならないことがあります。

 

 

(目次)

 

 

 

1.妊婦が搭乗するために診断書が必要か

 

新妻は往路が妊娠26週目、復路が妊娠27週目です。

その場合、飛行機に乗れるかどうか、確認しなければなりません。

2や3記載の項目もそうですが、これは運航会社が定めるルールなので、特典航空券を発券したアメリカン航空に聞いてもダメです。

 

 

1-1.エティハド航空の場合

 

こちらのサイトに記載があります。

 

www.etihad.com

 

妊娠28週目までは、診断書不要です。

妊娠36週目までは、診断書が必要となります。

妊娠37週目以降は搭乗できません。

 

ギリギリセーフ!

 

 

1-2.キャセイ(キャセイドラゴンを含む)の場合

 

こちらのサイトに記載があります。 

 

www.cathaypacific.com

 

妊娠27週目までは、診断書不要です。

妊娠36週目までは、診断書が必要となります。

妊娠37週目以降は搭乗できません。

 

こちらもギリギリセーフ!

 

何が言いたいかというと、航空会社によって微妙にルールが異なるので、あらかじめ確認しておくことが必要ということですね☆

 

 

 

ちなみに、これらの週数の申告は自己申告とのことです。 

 

 

 

 

2.預け荷物のスルーチェックイン

 

アライアンスが同じ航空会社の乗り継ぎの場合(例えば、JALさんとキャセイとかの場合)には、スルーチェックイン(経由地で預け荷物をピックアップすることなく、出発地から目的地まで運んでくれること)は問題ありません。

 

ですが、アライアンスが違う場合には要注意です。

今回使うエティハド航空はアライアンスには加盟していません。

 

なので、ワンワールド所属のキャセイとの間でスルーチェックインができるかどうかを確かめる必要があります。

 

これは、電話して確認するしかありません。

 

キャセイの場合:03-6746-1000

エティハドの場合:03-3298-4719

 

で、電話して確認したら「大丈夫」とのことでした。

一安心です。

 

 

 

 

3.電子機器とリチウム電池の機内持ち込みの可否

 

最後に、電子機器やリチウム電池についてです。

 

エティハドもキャセイもiPadやiPhoneは機内持ち込みが可能ということでした。

まぁ、ここは大丈夫だろうと思ってました。

 

 

問題はリチウム電池です。

ここが最後の難関です。

場合によっては経由地で没収なんていうこともあります。

出発地なら自宅に宅急便で送り返してしまえばいいのですが、経由地でそれはできませんからね。

 

 

3-1.エティハドの場合

 

こちらのサイトに記載があります。

 

www.etihad.com

 

160Whまでのものは機内持ち込みOKとのことです。

ただ、通常の電池にはWhの記載はありません。

例えば、3.6V、1270mAhなどと記載されています。

 

これをWhに変換する必要があります。

 

Wh=(V)×(mAh)÷1,000

 

ですので、上の例だと、

Wh=3.6×1270÷1,000=4.572

となりますので、よほど大容量の物でなければ大丈夫ということですね。

 

 

3-2.キャセイ(キャセイドラゴンを含む)の場合

 

こちらに記載があります。

www.cathaypacific.com

 

キャセイの場合は、100Wh以下または2g以下が、機内持ち込みできるリチウム電池です。

2gなんて、ほとんどアウトじゃん!

と思ったのですが、上のサイトを下の方にスクロールすると、「リチウム含有量が2g」という意味だそうです。

 

んなもん、空港で調べようがないので、100Whかどうかで判断するのでしょう。

書いている意味ないですよね~