platinum-hunter

数々のプラチナステータスを狙っています!

バズリの技術

 

 

前回のバズリの時に、私なりのバズリの分析を記事にしてみました。

 

www.platinum-hunter.com

 

 

そして、昨日までの3記事について、上の記事で触れていなかった「バズリの技術」を試してみました。

それは何かと言うと、「タイトルを工夫する」ということです。

タイトルを工夫することによりPVが上がるかという、これまでやってこなかった試みです。

 

 

 

(目次)

 

 

 

 

これまで私は、あまりタイトルを意識してこなかったので、ほんのちょっと(いや、かなり?)意識して、タイトルを強調することにしてみたのです。

その結果、10月に入ってからの最高PVを軽く更新してしまったのです。

 

 

 

【記事1】:【検証】ザ・リッツ・カールトンのスイートに無料アップグレード!?【マリオットプラチナなら可能か?】

 

まずは、金曜日(10/13)にこちらの記事をアップしました。

www.platinum-hunter.com

 

 

この記事のタイトルの工夫は、まずは、「検証」と入れたことです。

基本的に私は体験したことを元に記事を書くようにしています。

そうでないと、嘘が入ったり、厚みが出なかったり、ということが記事に生じてしまうからです。

読者の皆様も、実体験を元にした記事の方が、記事に入りやすいですからね。

その意味を込めて、「実体験だよ」ということを示すために、「検証」と入れたのです。

 

 

次に、何を検証したのか、を意識しました。

入れたキーワードは、「リッツ・カールトン」「スイート」「無料」「アップグレード」です。

最高級ホテルの代名詞「リッツ・カールトン」の、しかも「スイート」に、「無料」で「アップグレード」なんて聞いたら、タイトルを見た方はきっと記事も見たくなるだろうな〜、と思い、これらのキーワードを盛り込んでみました。

 

そして、最後に、当ブログの代名詞である「マリオットプラチナ」を入れてみたのです。

 

実際の記事でも触れていますが、リッツ・カールトンの公式サイトでは、プラチナであったとしてもスイートへのアップグレードはないように読めるので、

 

「いやいや、そんなことないでしょ〜」

 

と思っていただくとともに、

 

「いや待てよ。本当にスイートにアップグレードされるんじゃね?」

 

という期待を抱いていただくようにしてみたのです。

 

 

旅Mさんの記事でいう「初耳性」ですね☆ 

また、当ブログで散々オススメしているプラチナチャレンジにまつわる人気キーワードである「マリオットプラチナ」も入れてみたのです。

www.investravel.link

 

 

んで、もちろん、記事の中身もアップグレードがされたりされなかったりという実体験で意外性を出したのです。

 

 

これらの工夫の結果、10月に入ってからの最高PVになりました。

この日は、まずはブログ村の流入から始まり、時間とともにgoogleに移行していったという感じです。

google先生がブログ村からの流入を探知して、google上の順位を上げてくれたのだと推測しています。

 

 

 

 

【記事2】:【ブリティッシュエア】大量マイル獲得!【一気に162,000avios!】

 

土曜日(10/14)にはこちらの記事をアップしました。

www.platinum-hunter.com

 

 

こちらは、JALさんの国内線に4,500マイルで乗れる「ブリティッシュエア」の記事であることを明示し、その「マイル」を「大量」に貰えるよ!ということで目を引いてもらおうと考えたのです。

 

そして、タイトルを見て、記事を見るかどうか迷ってる方に向けて、「162,000avios」と具体的なマイル数を入れて「おっ!?」と思ってもらえるようにしてみたのです。

ソラチカルートの説明をする時の「216,000ANAマイル」と同じですね。

 

 

内容的にも、

 

マリオットのトラベルパッケージを使うという、あまり皆様がやられていない方法(初耳性)

 

かつ

 

ブリティッシュエアウェイズの公式サイト上、うまくいくかどうか分からない方法(意外性)

 

を人柱的にやってみたという形で、「できるんだー」と思ってもらうようにしたのです。

 

 

その結果、前日を800PV上回ることができました。

 

この日も、まずはブログ村からの流入が先行し、google先生からの流入が後追いするという形でした。

 

 

 

 

【記事3】:JGCプレミアの隠れた効果!(なんと!非ワンワールドのエティハド航空でも威力を発揮!)

 

最後に、日曜日(10/15)にアップした記事がこちらです。

www.platinum-hunter.com

 

まずこれは、「JGC」と入れることで、JALさんのファンと修行僧に向けたものにしました。

 

そして、「隠れた効果」と入れることで、「おっ!」と思ってもらえるように工夫したのです。

 

ここまででは、何のことか分からないと思ったので、さらに、「非ワンワールド」「エティハド航空」と、効果の対象が何であるか、を示してみたのです。

 

内容的には、エティハド航空→アメリカン航空→JALさん、と3つのエアラインを繋いでみました。

そこに意外性があったかと思います。

 

その結果、前日のPVをおやつの時間にあっさりと更新してしまったのです。

しかも、この時は、ブログ村主導ではなく、最初からgoogle主導の流入でした。

 

 

ちなみにですが、3記事とも、あえて文字数は少なめにしてみました。

この辺も結果に影響するかどうか検証してみたかったのです。

 

 

 

 

 

3つの記事を踏まえた分析 

 

分析その1〜毎日更新よりも良い記事を!

 

今回の3記事からすると、明らかなのは、最後のエティハド航空でのJGCプレミア効果の記事のPVアップがgoogle先生主導だったということです。

ここから分かるのは、バズリが続くと、3記事目からはgoogleが自動的に順位を上げるのではないかということです。

ということは、ある程度ストック記事ができたら、毎日更新するのではなく、隔日でもいいから、バズリそうな良い記事をアップするということがgoogle先生のテスト対策ということになります。

 

 

分析その2〜タイトルの重要性

 

2つ目の分析は、記事の中身もさることながら、タイトルも重要なのではないか、ということです。

検索結果として、google先生の中で順位が上がっても最終的にクリックしてくれなければ、意味がないからです。 

 

 

分析その3〜「初耳性」や「意外性」

 

それでは、中身としての「初耳性」や「意外性」をどのように評価すれば良いでしょうか。

こればかりは、実際に記事をクリックしてもらって、記事を見てもらった後の、いわば読者からの「評価」だと思うのです。

なので、PVやバズリとは直接は関係がないのかもしれません。

 

しかし、意外性というのは、記事に対する「印象」という意味で重要なことです。

この「意外性」をgoogle先生がどのように評価しているのでしょうか。

 

(仮説1)

これは思いつきなのですが、マウスでスクロールを「戻す」という作業がgoogle先生に探知されているのかもしれません。

「おっ」と感じる記事は、重要な箇所に戻って再読するということがありますからね。

 

(仮説2) 

また、同じ記事に再度アクセスしたということも、google先生が探知しているのかもしれません。

「意外性」の記事って、後で振り返って、「もう一回読みにいこっ」と思うことがありますからね。

 

 

 

分析その4〜肝心の内容は?

 

最後に、中身が伴っているかどうかが、google先生の通知表を上げることにつながるかどうか、ということです。

んで、こればかりは、自分自身で分析できません。

そこで、twitter上でアンケートでも取ろうかと思ったのですが、たいして面白くないのでやめときます。

内容が良いかどうかの分析って、どうしたらできるんだろー(ㆀ˘・з・˘)

 

以上、バズリの技術でした。