platinum-hunter

数々のプラチナステータスを狙っています!

旧トラベルパッケージは新トラベルパッケージへ強制転換!

 

結局寝てしまい、午前6時過ぎに起きたプラチナハンターです。

起きてびっくり! 

Flyertalkに、どのように強制転換されるか、Starwood Lurkerさんが公表しました!

 

www.flyertalk.com

 

 

以下のようになるようです。

 

旧カテゴリー5→新カテゴリー4

旧カテゴリー6→新カテゴリー4

旧カテゴリー7→新カテゴリー5

旧カテゴリー8→新カテゴリー5

旧カテゴリー9→新カテゴリー6

旧ティア1-3 →新カテゴリー6

旧ティア4-5 →新カテゴリー7 

 

 

うーん、もっと早く公表してよ。。。

出し渋る必要なかったじゃん。。。

このタイミングでの公表って、何のメリットもないのですが。。。

 

しかも、完全統合の作業中に公表するってどういうことよ!?

 

(現在のサイトの状況はこんな感じです。)

f:id:platinum-hunter:20180819065707j:plain

 

完全統合の作業後にどのような画面になるか楽しみですね☆

 

 

 

 

Starwood Lurkerさんの公表によると、旧カテゴリー6、旧カテゴリー8、旧ティア1-3、で発券した人は余計に30,000MRPを使わされていることになります。

Starwood Lurkerさん、もちろん、この後、寛大な救済措置を公表するんですよね!?

 

私は、マリオットを信じています!

 

 

この30,000MRPを巡る救済措置として考えられるのは、こんな感じでしょうか。 

①30,000MRPの返還する。

②9/18までの間、アップグレードorダウングレードすることを旧ルールの下で認める。

③7泊無料宿泊券を買い取ってもらう権利を与える。

 

まぁ、Flyertalkは荒れてますわ。 

 

 

 

 

f:id:platinum-hunter:20180819072032j:plain

 

ほんで、こちらがFlyertalkの中にアップされた変換用チャートです。

横にmaxとあるのは、ピーク期を考えた最大必要ポイント数を意味するようです。

 

例えば、旧カテゴリー6は旧ポイント宿泊チャートでは30,000MRPで泊まれました。

それに対応する新カテゴリー4は新ポイント宿泊チャートではピーク期でも30,000MRPで宿泊できます。

 

だから、問題ない!

 

というのがマリオットの考えなのでしょう。

会員間の公平性なんて知ったこっちゃない、ということですね。

元々の既得権は侵害していないから、問題なし!と考えていることになります。

 

でもなんか、腑に落ちないですよね。

問題なし!ならば、さっさと公表しておけばいいんです。

こんな形での公表はマリオットの評価を落とすだけです。

 

とはいえ、結果的に私の予測が外れたようで、その点は素直に謝ります。

すいませんでした。