platinum-hunter

数々のプラチナステータスを狙っています!

やっぱり、JALマイルはJAL運航便を発券するものではありませんね、、、

 

 

こんにちは、プラチナハンターです。

昨日のこちらの記事に、にゃんちゅう様から以下のようなコメントを頂きました。

 

いつも記事を楽しみにしています。

こちらのサイトの検証によると、提携航空会社のマイルで発券できるJAL運行便の特典航空券の空席は、JALマイルで発券できる最低マイルの特典航空券の空席と等しいようなので、提携航空会社のマイルを使っても今回の改悪は回避できないようです。

 

そのコメントに対する返信は、にゃんちゅう様のコメントのすぐ下に書いた通りなのですが、記事の中では、若干、私が舌足らずだったようです。

頭にはてなマークがついた方々にはお詫び申し上げます。

 

 

(目次)

 

 

 

 

 

さてさて、にゃんちゅう様に対する返信のコメントだけでは回答になっていない可能性があるので、この記事で補足をしておきたいと思います。

 

 

1.シンガポール路線

 

JAL国際線特典航空券PLUSが改悪と言われる中、数少ない改善点の一つが、シンガポール路線のエコノミークラスです。

片道12,000JALマイル(とサーチャージ)で発券できるので、シンガポール好きな方には嬉しい点だと思います。

我が家は、新妻がシンガポール大好きなので、ほんの少しだけ嬉しいという感じです。

 

それでもなお、なぜ、ほんの少しだけしか嬉しくないかというと、シンガポール路線は、アラスカ航空のマイル(ASマイル)で発券した方がお得だからです。

ASマイルだと、JAL運航便の東南アジア2区間を15,000ASマイルで発券できます。

しかも、サーチャージがかかりません。

なので、サーチャージなしで1区間7,500ASマイルで発券できる計算となります。

 

JALマイルとASマイルの価値が仮に同じだとしてもASマイルの方が圧倒的にお得です。

 

 

にゃんちゅう様が言いたいことは、実は、最低マイル数での特典枠がなくなった場合、PLUSマイルでJAL運航便を発券できるのだから、JALマイルに優位性があるのでは?ということなのだと思います。

この点については、いつも参考にさせてもらっているAwardtripさんが緻密な検証をして下さっています。

awardtrip.com

 

 

Awardtripさんの記事の中で、PLUSマイルの際には、1JALマイルの価値が約1.5円ぐらいになっていることが多いと結論付けていらっしゃいます。

私が見た中でもそのぐらいの単価まで落ちてしまうことが多いと感じています。

いくらマイルで発券できると言っても、これなら、有償で購入した方がマシです。

なぜかというと、有償の方が、マイルとFOPが貯まりますし、浮いたマイルで提携社特典を発券した方がJALマイルの価値が何倍にもなるからです。

 

なので、数少ない改善点であるシンガポール路線ですら、JALマイルでJAL運航便を発券するという発想は(私の中では)出てきません。

 

ただ唯一、乳幼児のための膝の上発券をする際には、JALマイルの場合は10%分のマイルで発券できるので、ASマイルよりもJALマイルの方に軍配が上がります。

しかし、この場合も、私なら、BAマイルで発券します。

BAマイルだと片道20,000avios(とその10%)とサーチャージで発券することになりますが、JALマイルとBAマイルの価値を比較した場合、圧倒的にJALマイルの方が価値が高いからです。

(感覚的に1JALマイルは4〜5円、1aviosは2円ぐらいだと思っています。)

 

 

なので、膝の上発券の場合でも、やはり、JALマイルの優位性はありません。

 

ビジネスクラスなら、もうちょい単価が良くなる場面がありますが、繁忙期や人気路線ではAwardtripさんの分析結果から、そう離れるものではないと思います。

 

 

 

2.バンコク路線

 

シンガポール路線だけでは説得力がないので、バンコク路線も見てみます。

バンコク路線は、出発地と時間帯によって、細かく必要マイル数が別れているのですが、最も典型的な東京バンコク路線だとエコノミークラスが片道13,500JALマイルです。

 

言うまでもなく、シンガポール路線よりも必要マイル数は多いですし、BAマイルだと12,500aviosで発券できちゃいます。

PLUSマイルが必要な状況なら、Awardtripさんの分析状況と変わらないでしょうから、結局、JALマイルで発券するという発想は、シンガポール路線以上にありません。 

 

 

3.その他の路線 

 

その他の路線(北米路線や欧州路線)も、ほぼほぼ、こちらの記事で分析したとおりです。 

www.platinum-hunter.com

 

数少ない改善点であるシンガポール路線ですら、JALマイルでのJAL運航便は、、、と言う状況なのですから、北米路線や欧州路線は言わずもがなです。

 

こちらの記事で書いたとおり、北米路線ならASマイルの方が断然お得ですし、欧州に行く時にはJALマイルで提携社特典航空券を発券すべきですからね☆

 

 

 

 

4.今後の展望

 

繁忙期や人気路線で、運良く最低マイルやそこに少しPLUSしたぐらいのマイルで発券できた場合には良いかと思いますが、どこまでJALさんが特典枠を開放してくれるか、、、

2019年末の特典航空券争奪戦の行方を見てからの評価になりますが、需要予測や空席状況により変動するとのことなので、うーん、最低マイルでの発券が可能なのかどうか、、、

かなり厳しめに蛇口を締めてくるような気がしてなりません、、、

 

と言うことで、やっぱり、JALマイルはJAL運航便を発券するものではなく、提携社特典航空券を発券するものと言うのが私の結論です。

例えば、人気のハワイ路線では、JALマイルでハワイアン航空便の発券を目指した方が良いように思えます。

 

JALマイルでJAL運航便を発券するのは、直前発券と(マイル数が変動しない)ファーストクラスぐらいでしょうか。

ですが、直前発券を使いこなせる人は限られますし、ファーストクラスの発券は(いくらお得とはいえ)必要マイル数が多いので何回もできるものではありません。

 
 

 

ということなので、とりあえず、2019年末の特典航空券争奪戦を外野から見守っていたいと思います。 

私は2019年末の特典航空券争奪戦には参戦しませんので。