platinum-hunter

数々のプラチナステータスを狙っています!

【GOTO】3回目の週末は、軽井沢のヒルトン!【紳士淑女のための落ち着いたホテル!】

 

こんにちは、プラチナハンターです。

GOTO東京解禁後、3回目の週末は、軽井沢のヒルトンに行ってきました!

(正式名称は「旧軽井沢KIKYOキュリオ・コレクションBYヒルトン」と長いので「ヒルトン軽井沢」にしますね。)

私自身、軽井沢って、マリオット軽井沢ぐらいしか行ったことがなくて、東京から近い、というイメージだったのですが、車で約3時間かかり、結構遠かったです。。。

んで、結論ですが、タイトルのとおり、ここのホテルは「紳士淑女のための」ホテルです。

ということで、子連れには不向き!

ですが、カップルや夫婦のみなら、とても良いホテルだと思います。

 

 

さて、まずはお部屋についてです。

下から順番にこんな感じです。

①スーペリアルーム

②デラックスルーム

③コートヤードデラックスルーム

④プレミアルーム

⑤プレミアム畳コーナールーム

⑥コートヤードスイート

 

いつもは、一番下の予約をしてアップグレードを楽しむのですが、予約時点では満室直前で⑤しか空いていなかったため、頑張って⑤の予約をして、⑥へのアップグレードを期待しました。

ところが、ほぼ満室状態なので、実際は⑤のまま!

ということでアップグレードはありませんでした。

 

f:id:platinum-hunter:20201021112146j:plain

ヒルトン軽井沢 プレミアム畳コーナールーム

 

実際の部屋は上の写真のような感じです。

リノベーション済みと思われ綺麗でしたし、十分広く、(ジュニアではない)スイートルームと言っても良いぐらいの部屋でした。

ベッド横にはコンセントの他、USB端子もあり、最近の流行りになっています。

もっとも、建物自体はさほど新しくないため、若干の傷みがあるところがありますが、滞在するには問題ないレベルでした。

建物は3階建てで、泊まった部屋は3階と最上階!しかも角部屋!なのですが、眺望があるわけではないので、あまり関係ないですかね、、、

 

ちなみに、部屋の中のミニバー(ビールとソフトドリンク)は、全部無料で飲ませていただけました。

チェックイン時に聞いたところ、全ての部屋がそうなっているとのことでしたが、ダイアモンド特典のような気がしてなりません。

「普段はレストランでお飲物を提供するのですが、それがはばかられる方もいらっしゃるので」みたいなことを言っていたので、ダイアモンド会員ではない方はよくご確認下さいませ。

 

軽井沢ヒルトンのダイアモンド会員特典で優秀なところは、カクテルタイムが17時から20時と長いところです。

普通、カクテルタイムって2時間だと思うのですが、軽井沢ヒルトンは3時間もあるので、ゆっくり過ごせます。

もちろん、子連れでもOKです。

 

しかしですね、カクテルタイムの場所が、1階のレストランのスペースを使っているので、雰囲気が大人過ぎるんです!

ということで、子連れには不向き!

私の滞在中は、他にも子連れ家族がいたので良かったのですが、子連れが1組だけだと肩身が狭いな~、と思う次第です。

f:id:platinum-hunter:20201021114056j:plain

ヒルトン軽井沢 カクテルタイム メニュー

とはいえ、カクテルタイムのカナッペは美味しく、お代わり自由ですし、お酒も良いものをそろえている感じがしました。(少なくとも、2日酔いはしませんでした。)

また、レストランのメニューを頼んでカクテルタイムと同時に楽しむこともできます。

我が家が頼んだのは、「峰村牛100%KIKYOバーガー フライドポテト添え」です。

f:id:platinum-hunter:20201021114436j:plain

ヒルトン軽井沢 ハンバーガー


これが、めちゃくちゃ美味しかったです。

シェフの考案で、食べる箇所で味が違うという新感覚のハンバーガーですので、行かれた方は、是非、ご賞味下さい。

 

お酒やジュースは、長野県産のものが待っております。

先ほども言いましたが、飲み物は良かったです。

 

 

んで、良い感じに酔っぱらって部屋に戻り、子供を寝かしつけてから大浴場に行ってみました。

ここの大浴場は、公式には温泉ではありません。

だけれども、実際入ってみると、ちんけな温泉よりも肌がツルツルになります。

おそらくですが、湧水とかを沸かしているのではないでしょうか。

(スタッフに聞いておけば良かった。)

雰囲気も大人な感じで落ち着いていましたし、大満足な大浴場でした。

 

そして、いい気持ちで寝たのですが、夜中に問題が、、、

部屋の温度が部屋の中で調整できないため、就寝中、部屋が寒く感じられたのです。

部屋の温度はフロントで調整しているらしく、わざわざフロントに電話をしてお願いしなければいけないので、寒い中で寝て、危うく風邪を引くところでした。

 

ちなみに、2泊したので翌日は「1段階」エアコンの温度を上げてもらったのですが、今度は暑い!

室温に敏感な方には要注意です。

 

 

とはいえ、それなりに寝て、起きたら、今度は朝食です。

んで、ここの朝食は旨い!

現在はビュッフェ休止中で、プレート提供になっていて、和食か洋食かを選ぶのですが、2人で行くなら、一つずつ頼むのが正解だと思います。

どちらか一つなら、和食です。

ビュッフェが再開したら、ビュッフェを食べるためだけでも来たいレベルです。

 

f:id:platinum-hunter:20201021112346j:plain

ヒルトン軽井沢 朝食

ここでも、一つトラブルが、、、

子供用の朝食をスタッフに勧められたので、勢いで新妻が注文しました。

そうしたら、なんと有料(約2,500円!)!

(大人2名分は、ダイアモンド特典で無料なのに、、、)

きちんと確認が必要ですね☆

っていうか、有料なら有料って言ってよ、、、

 

これに限らずですが、スタッフの質が統一されていない感じがしました。

きちんとしているスタッフはきちんとしているのですが、一部で??なスタッフもいました。

コロナ禍の中、人員のやりくりが大変で仕方がないところもあるため、子供の朝食については、もちろん気持ちよく支払いました(笑)

 

あと特筆すべきところは、部屋のバスアメニティが素晴らしく良かったことです。

私は、アメニティはあまり持ち帰らないのですが、今回は、あまりに良かったので持ち帰らせていただきました。

 

f:id:platinum-hunter:20201021113915j:plain

ヒルトン軽井沢 バスアメニティ

 

ということで、上げて下げて、上げて下げて、最後に上げて、とジェットコースターのような宿泊記でした。

紳士淑女の皆様方、子連れには優しくしてね☆

 

そして、この滞在で100泊ダイアモンド達成しました。

どこまで伸ばせるか限界まで挑戦してみたいと思います。

f:id:platinum-hunter:20201021120343j:plain

ヒルトン 100泊ダイアモンド